写真で巡る中国の水郷「朱家角」

Seminarセミナー概要

中国の水郷といえば蘇州が有名ですが、
上海中心部から地下鉄に乗って
約1時間で行ける水郷があることをご存知ですか?
 
繁栄を続ける大都市上海から少し郊外へ行くと、昔懐かしい、古き良き時代の中国を思い出させる水郷「朱家角」があります。
 
蘇州や西塘よりも行きやすく、七宝古鎮よりもひなびた感じの残る水郷「朱家角」。
 
ノスタルジックな時間を写真で味わいながら、
中国旅行へ行ったときに使える
簡単な中国語のフレーズを覚えませんか?
 

 

現地語が全く分からない状態で旅行に行くより、少しでも聞ける・話せるようになってから行くと楽しさはきっと倍増するに違いありません。
中国語は発音が難しい言語といわれていて、真面目に習得しようとするととてつもなく時間と労力がかかります。
 
でも短期間の旅行程度なら、そこまで苦労する必要はありません。
旅行に行ったときによく使うようなフレーズを集めたので、それだけをしっかり覚えましょう。
 
写真で懐かしさの残る朱家角を堪能しつつ、簡単な中国語のフレーズを覚えて、実際に中国旅行へ行くのもいいですね。

【日時】2019年4月26日(金)10時半〜12時

 

【場所】文苑堂書店 富山豊田店 2階多目的室
(富山市豊田町2丁目8-14)

 

【参加費】3,000円
(当日会場にてお支払い。現金払いのみとなります。)

 

【持ち物】筆記用具

 

参加申込はこちら

Seminarこんな方におすすめ

  • 中国(中国語)に興味がある。中国語を昔習っていた。
  • 旅行が好き。アジア各地を旅したいと思っている。

Seminar講師プロフィール

吉久 けい子

子供のころにテレビで見たジャッキーチェンやキョンシーに感化され、独学で中国語を学び始める。 第二外国語で中国語を専攻したものの、ほとんど話せないまま勢いで中国へ行き北京で就職。現地で生き延びるためのサバイバル中国語を身に着け2003年のサーズ蔓延により帰国。 帰国後中国関係の仕事を探すも見つからず、結局趣味の延長で現在も中国語を独学勉強中。 中国語関係の資格といえばHSK(漢語水平考試)5級と中国語のレベルはそう高くはないものの、発音だけはピカイチ。 中国人に中国人と間違われるくらい発音は得意。

参加申込はこちら

参加申込はこちら